ドゥカと27とラーメンと? 主に、ちょっと(?)古いバイクと車の日常的なトラブルと修理に関する日記。ついでに、三河を中心としたラーメン紀行も。

最近の記事
お引越し
05/09 17:04
岡崎の桜まつり「家康…
04/10 23:58
「上杉食品」
04/02 10:05
「らーめん東大 大道…
04/02 03:00
遠乗り前のお約束
03/26 15:42
モーニングツーリング
03/20 22:25
日記
03/13 08:55
「麺の坊 晴レル屋」…
03/04 23:59
車検といえば名鉄?
02/27 21:09
「麺屋OK」麻辣担々…
02/22 23:59
最近のコメント
当ブログへお越し頂い…
げじ 04/24 00:43
霞さん>車検…
げじ 04/24 00:34
昨日、雨の合間を縫っ…
霞 04/20 20:19
あ、アレですか!…
げじ 02/17 23:20
「風呂場」専用ではな…
霞 02/16 23:07
最近のトラックバック
トレッサ横浜にあるパ…
04/11 22:17
王道どまんなか
01/14 01:20
気づけば最大勢力
11/23 02:50
トレッサ横浜にあるパ…
11/23 00:29
トレッサ横浜にあるパ…
11/23 00:28
【お友達Link】

雨男、本領発揮

久し振りにドゥカ仲間と集まることになりまして、いそいそと琵琶湖畔まで出かけてきました。

今回は、愛知から3台(F1 Ⅰ型ハリス仕様、'94 900SS、サンタモニカ) で出発。

集合は例の如く、道の駅「近江母の郷」。
豊明から下道で1時間半で着いてしまう位、気軽に来れてしまいます。

しかし、早朝から気温が高く、雲ひとつ無いため、体が溶けてしまいそうです。

早く休憩したくて焦るあまりに、10時半集合だというのに9時半に着いてしまい、とりあえずだべって皆さんの到着を待ちます。

ちなみに、ある方は右側のミラーを途中で根元から落としてきて、現場で応急修理していました。

北陸方面は朝方ひどい夕立だったそうで、主催の方の到着が1時間近く遅れましたが、全員集合です。
(これが、後の伏線になるとは、思いもよりませんでした・・・)

琵琶湖ツー080727_01

今回も希少なサンタモニカが2台


だべりもそこそこに昼飯にすることにして、彦根の街へ移動しました。

彦根城の城下を抜け、古い町並みのなかの蕎麦屋で昼食。

琵琶湖ツー080727_02

なかなか、和風とイタリアンもマッチしますね(笑)

琵琶湖ツー080727_03

このまま解散するのも寂しかったので、もと来た道を戻って適当なところで解散することにしました。


そして、走り出して数分後・・・・

とたんに空が暗くなり、ものすごい風が吹き始めました。

湖岸道路ではモロに風を受けてしまい、まっすぐ走ることもままなりません。

途中、鳥人間コンテストの会場を横目に走り去りましたが、その20分後位に強風で煽られて作業者の方が怪我をされたそうです。

なんとか道の駅「近江母の郷」まで行き、すぐさま解散して帰路に着きました。


しかし、関ヶ原を過ぎたところで前が見えない位の大雨に見合われ、パンツまでずぶぬれ・・・

結局の所、そこから最後まで雨雲を背負って帰ってくる羽目になり、午前中の天気からは全く予想できない結果となりました。


次の日、あの突風で死者まで出てると知り、無事に帰り着けただけありがたいと、心底思いました。


走行距離:約250㎞ 燃費:およそ13㎞/
 
サンタモニカ | 投稿者 げじ 23:59 | コメント(1)| トラックバック(0)

「節の一分」 節中華そば

ついに、相模原での仕事が一区切りついたので、相模原&橋本での活動もしばらく中断です。

で、とりあえずの食い納めとして「菜かむら」と散々迷って「節の一分」にしました。
どうにも、未食であった「節中華そば」を食べずにはおれなかったので・・・・

そういう事で「節中華そば」を普通盛りで。といっても、麺は200gあるそうです。

節の一分_節中華

しかし、またトッピングの野菜増しを忘れたので、見た目にはそれほどボリューム感はありません。

でも、相変わらずチャーシューの面積はデカいですね。


味噌玉の様に見えるのは、キモとなる削り節の団子。

元々これがなくても充分なくらい節の風味がするスープにこれを溶かすのですから、うどんの汁の様になるかと思いきや、動物系の風味は負けずに主張します。

あっさりと謳っていますが、他のメニューのスープとベースは変わらないので、大きく差があるようには感じませんでした。

麺も他のメニューと同じ、プリプリの太麺。普通の夕飯にコレだけ食べる分には、200gでも軽く入っていきます。
やはり、野菜増しを忘れたのは痛い・・・・


最近は、大勝軒系と二郎非似系が増え、色々なところで出会う事が出来るようになりました。
どの店も「ここでなくては!」と思わせる特徴を出して行かないと、存続が辛いでしょうね。

今後も「節」に拘っていけば1年後もきっと店は残っているであろう、と期待して、相模原での食い納めを終えたのでした。


≪節の一分≫
【住  所】 神奈川県相模原市橋本6-2-2
【営業時間】 11:00~27:00  水曜休

ラーメン | 投稿者 げじ 23:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

「らーめん専門店小川 本店」小川らーめん

歩いて県境を越えて東京都まで行って来ました。と、言っても橋本駅から10分位ですけどね。
先日は系列の「しょうゆのおがわや」でしたので、今度は本筋の方です。

着いてみると女性だけの組が意外に多く、女性にも人気があることが伺えます。
かといって、ラーメンはあっさりしているとは限りません・・・・。

シンプルに「小川らーめん」をオーダー。
ただ、茹で加減はバリカタまでしかないそうなので、仕方なくバリカタで。

小川_小川らーめん

見た目は普通のトンコツラーメンっぽいですが、トンコツ醤油といったところでしょうか。
と思ったら、ダブルスープ。最近、多いなぁ・・・

豚骨がかなり幅を効かせていますが、魚系ですっきり感を出して軽く食べさせてくれます。
実際、豚骨もそんなにコテコテではなく、どちらかといえばあっさりめではないでしょうか。

しかし、麺は博多系の極細ストレート。やっぱり、これじゃないとねぇ♪

バリカタなので、個人的には固さが物足りませんが、通常はここまであれば充分でしょう。

確かに、これなら女性にも受けるでしょうね。


<らーめん専門店小川 本店>
【住  所】 東京都町田市小山町4409
【営業時間】 11:30~26:00(スープ終了まで) 無休
【H  P】 http://www15.ocn.ne.jp/~ofas/


ラーメン | 投稿者 げじ 23:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

「中華そば青葉」中華そば

八王子駅前で狙っていた店が潰れていたので、第2候補にしていた「青葉」に行きました。(どうせなら本店に行きたかったんですがね)

オーダーはオーソドックスに「中華そば」。

青葉_中華そば

なるとが見た目のポイントになっていて、なんとなく癒されます・・・疲れているのかな

まずスープですが、ダブルスープの走りだったそうで、動物系に対し魚系の風味がグイグイ攻めてきますが、不思議なほど魚臭さは皆無です。豚骨は結構薄いですね。

中太の麺は ストレートでもっちり。

チャーシューは脂多めで柔らか。黒い粒は胡椒のようでしたが、全く辛さはありませんでした。



実は、これを食べている時に、そんなに離れていない場所で、例の八王子の通り魔事件が発生していました。
店を探して街を歩いていた際に、もしかしたら犯人とすれ違っていた可能性もあるのですが、そう思うとゾッとしますね…



<中華そば 青葉>
【住  所】 東京都八王子市南新町15-1
【営業時間】11:00~22:00頃(売切まで)無休
【H  P】 http://aobai.jp/index.html

ラーメン | 投稿者 げじ 23:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

「いちや」立川店

JR立川駅南口、アレアレア「ラーメンスクエア」へ行きました。

参照) http://www.arearea.co.jp/ramensquare/

7店舗の内、どの店に入るかだいぶ迷いましたが、豚骨系、札幌系、八王子系はここでわざわざ食べることもないので、残りのうちから「いちや」を選択しました。

オーダーはこってりらーめん熟成醤油味です。

いちや_熟成醤油こってり


「あっさり」、「まんなか」、「こってり」の3段階がありますが、背脂の量での差なのでしょうか?

思ったほど醤油が前面に出てくる事はなく、鶏と魚系のダシが主張をしてきました。

中細の縮れ麺は、いい感じでスープが絡まっていきます。硬さも普通。

チャーシューは柔らかですが、最近の主流から突出している程の事はありませんでした。


卓上の青唐辛子を試してみましたが、かなり辛味がきつくて思わず咽てしまいました。


結論としては、それほどありがたがって行く価値はあまりないように感じました。


<いちや>
【住  所】 東京都立川市柴崎町3-6-29 「アレアレア2」 
【営業時間】 11:00~24:00(ラストオーダー23:30) 無休
【H P】 http://www.ichi-ya.com/
ラーメン | 投稿者 げじ 23:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

「はまゐば」

「翠蓮」が開くまで付近を散策している時、聞き覚えのある店名の看板を発見。
古くからの有名店「はまゐば」です。そういう事で、2軒目はあっさり決定しました。
券売機が目立たなかったので、最初素通りして席についてしまいました(汗)
「ラーメン」を選択。

はまゐば_ラーメン

失敗した、と思ったのは、「翠蓮」と方向性が似ていた事。
2軒目はあっさり醤油にしようと、考えていたのに、2軒続けてこってり脂多目でしたので後半は結構辛くなってしまいました。

今度はちゃんと1軒目で狙って行きますので、コメントは次回に。

<はまゐば>
【住  所】 名古屋市昭和区隼人町3-6
【営業時間】 11:30~14:30 18:00~23:00 無休
ラーメン | 投稿者 げじ 23:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

「らぁめん翠蓮」濃いめ焼き干し塩


月曜ということもあってお休みの店も多く、何処にしようか散々迷った挙句、いりなかの「らぁめん翠蓮 」まで来てしまいました。

いまやかなりの有名店になってしまいましたが、開店当初から行くぞ行くぞと言いつつも、ここまで来るほどの時間が取れずに、今日という日にまでなってしまいました。

店内に入ると、アジアン風の内装が出迎えてくれました。器等もイメージを統一しています。

暑い日でしたのでつけ麺に心揺れましたが、こらえて「濃いめ焼き干し塩」をオーダーしました。
当初は限定メニューだったそうですが、いつの間にかレギュラーに昇格したようです。

翠蓮_濃いめ焼き干し塩

動物系にアゴ(トビウオ)から取ったというダシを多めに加えているとの事で、一緒に行ったメンバーの「醤油」と比べてかなり魚系を多く感じ取れます。が、動物系も負けておらず、かなり脂多めで存在を主張します。

麺はもっちり中太のストレート麺。量も結構あります。

約1cm角で短冊状に切られたチャーシューは柔らかさと弾力感が同居しており、ボリュームもあります。炙る事によって香ばしさが増すよりも、脂が溶け出して、スープ以上にヘビーな印象を与える様に感じました。

白葱の千切りと糸唐辛子では口の中の脂っぽさを締める程の強さはありませんでした。

「クドい」と「濃厚」のギリギリの境のところを、上手にまとめていると感じた1杯でした。


しかし、店名から感じるイメージはあっさり系なんですが、意外でしたねぇ。


<らぁめん翠蓮>
【住  所】 名古屋市昭和区花見通3-11 ハートイン杁中1A
【営業時間】 11:30~14:00,18:30~21:00  火・水曜休
【H  P】 http://www.suilen.com/

ラーメン | 投稿者 げじ 23:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

第4回 三河モーターサイクルショー

恒例のコアラドライブ(安城自動車学校)での、2輪の大試乗会に行って来ました。

参考)
http://www.coaradrive.com/iv/bike.html

今までで、だいぶ色々な車両に乗ったので、今回はそれ程お目当てのモノもなく、空いていたら乗るか、位の気持ちで行きました。

今回試乗したのは、トライアンフ DAYTONA 675、カワサキ Ninja250R、アプリリア Shiver & Mana の4台。


全体的に外車のブースは空いていたので、まず乗ったのがトライアンフ。

狙いはストリートトリプルだったのですが、試乗車が無かったので、スピードトリプルとデイトナと迷って後者を選択。

初めての3気筒です。いや、MVXなら乗ったことがあるな・・・

乗ってみると確かによく言われるように、4気筒と2気筒のいいとこ取りをしたエンジンというのが判ります。
出力の出方、トルク、サイズも、「丁度良い」感じ。

スーパースポーツ系の割りに、低速域でスイスイと切り返しも出来ます。

しかし、フレームがものすごく熱を持ち、ニーグリップできない位でした。


次に乗ったのがNinja250R。

ようやく、ロードスポーツ250クラスに新車が投入されました。
やはり、使い勝手といい、維持費といい、このクラスが日本ではベストチョイスだと思うのですが、今や大型の免許が教習所で取得出来る様になって、みんなそちらに流れてしまう辺り、まだまだ日本は贅沢なんでしょうね。

しかし、個人的にはその期待程ではありませんでした。

エンジンの吹けあがり、造り込みは○でしたが、期待していたハンドリングが何かまったりとしていて・・・・やはり初心者をメインユーザーに考えたのでしょうか。


で、最後にアプリリアの2台。

まずはMana。AT車という事で、とりあえずどんなものかと。

同じAT車のホンダDN-01がスクーター寄りなデザインなので、ロードスポーツと見た目変わらないManaの方が親しみがあります。

ハンドリングは普通のスポーツバイクと何ら変わりはありません。
駆動系コンポーネンツが重いせいなのか、マスが集中した感があり、安心感すら感じました。

一番気になっていたATの出来ですが、狭いコース内で普通に走っている分には、全く違和感を感じませんでした。
加速時のギアのつながりも良いし、減速時も綺麗にシフトダウンしていきます。

流石に、止まるかどうかという位の低速時に、駆動がつながっていないが故の不安定感はありますが、スクーターと一緒と思えば気にならないでしょう。

買うことは無いでしょうけど、高速度域への過渡状態や、マニュアル操作時も試してみたいですね。


最後はShiver。

クラブマン誌で結構誉めていたのでどんなもんかと思い試乗してみたのですが、やはり記事の通りの良い出来でした。

エンジンフィーリング、ハンドリング、サイズ(ちょっと、足つきは悪いですが)、どれもが気持ち良く、また手に納まる感じがしました。

Shiver

しかし、個人的にはどうも今のアプリリアのデザインって合わないんです。

ゴテゴテしすぎているところが、どうもガンダムチックになりつつあるような・・・・(^^;)
もっと線を少なくして、曲線でディティールをつけれないのかなぁ。


目の前でハヤブサがコケるわ(ライダーは病院送り)、チャリティのジャンケン大会で商品をゲットするわ、まずまずの戦果でした。
2輪その他 | 投稿者 げじ 23:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

CL50 レストア教室 第4回

4回目の講習会です。

今日はオイル交換。・・・といっても、今日は抜くだけ。


「ドレンボルトはコレだから、緩めてオイルを抜いてね」と現物で説明し、自分の作業にキリをつけて戻ってみたら、、、、
な、なんと!ヘッドのタペットカバーを外してる~!!!!

むー、まだまだ先は長そうだ・・・・


とりあえず、その後はエンジン下回りの清掃。ひたすら清掃。

CL50_Engine

でも、ピカピカになると、愛情が一層沸くんですよね。


後は、エンジンオイルの機能と特性の講義。

あっという間の2時間半でした。
2輪その他 | 投稿者 げじ 23:58 | コメント(3)| トラックバック(0)

限界?

久し振りに27で出掛けました。前回いつエンジン掛けたか覚えていない・・・


そんな事でしたが、ちょっと多めのクランキングののち、何事も無くエンジンは掛かりました。


しかし、一番気になっていたのは、ガソリン代・・・ではなく、クラッチ。

いまや、上(マスターシリンダー側)からも下(レリーズシリンダー側)からも、フルードが漏れ気味です。

マスターカップを覗いたら、すっからかんでした。


フルードを足して、10回もペダリングすると、感触が戻ってきました。
しかし、しばらく走ると、案の定キレが悪くなりました。

ペダルを踏む靴先にも、フルードの雫が垂れる事もありました。

でも、その度に2,3度ペダリングをすると、元に戻ります。


結局、出先でもう一度フルードを追加したら、帰り道では全く再現しなくなりました。

まあ、フルードさえ持って出れば、何とでもなるか。
(↑そんな事で、良いのか!)


でも、実は一番気になっていたのは、この錆・・・・

さびさびさび

Frガラスの前端部の処が、殆ど塗膜が浮き上がってしまいました。

いよいよ、再度全塗の時が来たかなぁ。
27レビン | 投稿者 げじ 23:59 | コメント(3)| トラックバック(0)

CL50 レストア教室 第3回

本日は車庫で朝練。
昨日の続きを、生徒と実施します。

まずは、ドライブチェーンを外して灯油で洗浄。
と、臭う作業は任せておきます(酷い!)。


自分は、外したFrタイヤとフューエルコックの復元。

昨日フューエルコックのパッキンには液体パッキンを盛っておきました。

組付け後は漏れは止まりましたが、燃料の流れが悪くなってしまいました。

もう一度バラして、当りを確認しないといけませんねぇ。


チェーン洗浄の次は、先日手に入れて来たウィンカーを組み替えさせます。

まずは、配線に手が届くようにシートとタンクを外します。

CL50_ストリップ

なかなか、色気のあるストリップですねぇ・・・

ちなみに、組み替え後の写真は撮り忘れました。


さて、もう一度電装系にトライしようと、ゴリラで使っているバッテリーを外してつないでみました。

するとその一瞬で、バッテリーからのコードが異常に発熱します。何度やっても同じ。

やはり、無理やり直結しているのがいけないのでしょうか?

現在、キーシリンダーは鍵屋へ預けているので、キーが出来て戻って来たら、一から確認ですね。

2輪その他 | 投稿者 げじ 23:59 | コメント(2)| トラックバック(0)

CL50 レストア教室 第3回前準備編

本日は生徒抜きで、CL50のレストア?です。

夏休みはツーリングに行きたい、と言っているのですが、任せておくと来年の夏休みになってしますので、ある程度までは自分が進めることにしました。


まずは、何はともあれ制動装置。

CL50_FRドラム

内部は綺麗で、ライニングもまだまだあります。
シャフトやメーターギアのグリスアップもしっかりやられてありました。


次に、燃料系。
リザーブにすると、ポタポタ漏れてきます。

CL50_コック

バラしてみたところ内部のゴムがかなり硬化していましたので、密着度が低くなってしまっているのではないでしょうか。


あとは、一番苦手な電気系。ウインカーとホーンが作動しないので、チェックします。

CL50_配線

多分、キーが無い為に直結しているので、その辺りが要因だと思うのですが、さっぱり判りません。

ふと気付くと、不思議なことにメーター行きのハーネスが見当たりません。

メーターが欠品しているので、気付きませんでした。


周1回3時間で教えながらやっていたら、路上復帰は再来年になってしまうかもしれないなぁ。

2輪その他 | 投稿者 げじ 23:00 | コメント(0)| トラックバック(0)

RALLY JAPAN 2005 WINER

ボーナスが出ました♪

こんどのボーナスが出たら買おう、と年末から決めていたものがありました。

それは、RALLY JAPAN 2005 のWINER、Peugeot 307WRC です。
当然、ミニカーですよ・・・

ずいぶん前に発売されたのですが、ある店で残っているのをクリスマス時期に発見したのでした。

この年は、今のところ唯一の観に行けなかったRALLY JAPANで、プジョーとグロンホルムの優勝車、と来たら買わずにはおれません。


それも!なんというお導きか、新聞広告にその店が丁度3割引フェアの期間中、とあるではないですか!

居ても立ってもいられずに、帰宅して速攻でその店に向かいました。


沢山の在庫の中から探し出すのは一苦労で、半年以上も前の事なので既に売れてしまった、と諦めかけていた時にようやく発見!

ショーウィンドーから出してもらったら、展示品でなく在庫がまだありますので、こちらをどうぞ、と。

そんなに、売れてなかったのか・・・・でも他店では見なくなったんだがなぁ(寂)。

大事に懐に入れて(バイクだったので)帰ってきました。


RALLY_JAPAN_2005_WINER

この前戦のRALLY GBで亡くなったマイケル・パークに対しての追悼の意を示す、左フェンダーの喪章が泣けます。

BOXも特別仕様の化粧箱です。

アンテナのディティールは甘いですが、良しとしましょう。


RALLY JAPANのWINERって、今のところ同じメイクス、ドライバーが取った事が無いんですね。

なにか、歴代のRALLY JAPAN 優勝車を集めないといけない気になって来たぞ。

二輪&四輪 玩具 | 投稿者 げじ 23:59 | コメント(1)| トラックバック(0)

晴レル屋「冷やし美人」

早く帰って、色々細々とした用事を片付けようと思っているところへ、「晴レル屋に今から行きます」という、ラーメン部員からの挑戦とも思えるメールが。

あんまり気乗りがしなかったのですが、奥様のお許しが出たので、お付き合いすることにしました。

「PS」で新作が紹介されとったよ、と周りの方々が教えてくれるので、行かないといけないような気になっていたのも、後押しをしました。
(ちなみに「PS」とは中京テレビの情報番組です。自分は一度も観たことが無いけど・・・・)
  参照) http://www.ctv.co.jp/ps/2008/0608/05.html

開店直前に着いたら、既に8人程並んでいました。
店が開いて席についてからも、後から後からお客が来ます。まだまだ、この店の人気は落ちないようです。


で、その新作は「冷やし美人」(850円)。
不思議なことに写真も説明もありません。名前から想像するに、単なる冷やし中華だったらどうしよう、とドキドキしながら待ちます。

カウンター内を覗くと、ひき肉と麺を混ぜ、その上に削り節、レタスの順に覆っていき、トッピングを乗せた後にタレを念入りに掛けて、仕上げに粉チーズを振り掛けています。

で、出てきたものは・・・

晴レル屋_冷やし美人

やはり冷やし中華?サラダラーメン??

作り方からすると、サラダ混ぜそばといったところでしょうか。

とりあえず、底の方から混ぜて、麺から頂きます。

まず、味よりも麺の硬さに驚きました。

水で絞められた麺は、記憶にある同店のつけ麺の麺より明らかに固い。

記憶の中にあるどの店のものよりも固く、且つツルツルとしています。

コレをしっかり最後まで噛んで、全て食べると、顎が引き締まって、美人になれるかも??

味付けは、肉味噌の風味が前面に出てます。粉チーズでマイルドさを出していますが、パサついた舌触りになってしまうのは、チョット残念。

具材でポイントとなるのは、やはり茹で肉でしょう。
ジューシー、という言葉が茹でた肉で使えるとは思いませんでした。


総合としては美味しかったですが、クセになる程のものでもなく、年に1度食べれれば良いか、というレベルでした。

やっぱり、この店は「白の麺 細麺 バリカタ」が一番だなぁ。


≪麺の坊 晴レル屋≫
【住  所】 大府市月見町1-297 メゾンパラディー大府1階
【営業時間】 11:30~14:00 18:30~22:00  月曜、第2火曜休 ※祝日の場合は翌日
【H  P】 http://www.k5.dion.ne.jp/~hareruya/

ラーメン | 投稿者 げじ 23:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

鈴鹿部品交換会フリーマーケット

鈴鹿のガラクタ市(部品交換会)に行きました。

http://www.buhinn.com/

会場は三重オートリサイクルセンターの駐車場です。

先日の浜名湖同様、前日の晩から現地入りして車中泊し、早起きする事にしました。

現地に着くと、既に数台同じ事を考えた人々がいましたので、その最後尾に車を停めて寝る事にしました。

もうこの季節では、流石に狭い車内に男三人では蒸し暑く、風も余り無いので、窓を全開にしました。幸いに虫もいず、さて寝付こうかと云う時、前に停めていた軽トラがエアコンを掛ける為でしょう、エンジンを掛けたのでした。

途端に、車内に排ガスの匂いが充満しました。とても寝られたものではありません。それどころか、このまま寝てたら間違いなく死んでしまいます。

エコが声高らかに叫ばれる中で洞爺湖サミットが開催され、ガソリンの高騰、長時間アイドリングによる車両火災が問題になっているこのご時勢に、こんな事をする輩がまだいるとは・・・・
それも、周りへの迷惑も考えずに・・・・(怒)

窓を閉めてしばらくは頑張りましたが暑さで寝られる訳も無く、結局は車をかなり後退させてようやく寝れる環境になりました。この時点で、既にに2時半。

しかし、怒りで高ぶった心が落ち着かず、目が冴えてしまいました。ゴロゴロと寝る体勢を変えつつ、ようやく眠気が襲ってきたその時、今度はけたたましいサイレン音が響き渡りました。

会場の三重オートリサイクルセンターの道を隔てた向こうは消防署・・・・・・(泣)

結局、いつ寝付いたのかは判りませんが、5時には目覚ましで起こされました。


案の定、前車との間には後から来た車に割り込まれていました。
それも並んでいた所は、出店者用の列になっているではないですか!

参加者側に並びなおしても、後から来た同様の車がどんどん割り込むし、前の車は動き出さないし。

最悪の気分で会場入りしました。


結局、出店は20店程。品揃えはまずまずか。

しかし、車両を買わないと決めてきたときに限って、趣味的にも値段的にもかなりそそられる売り物が多いんですねぇ
実働するSRX-4Ⅰが5万、ミニトレが3万、とか。


結局、CL50用のパーツを幾つか見繕って買わせた位で、自分的には本命的なものは何も買うことが出来ませんでした。


展示車両では軽自動車登録のスーパーセブン(本名:フレーザー クラブマンFC-4)が沢山のギャラリーを集めていました。
参考)http://www.gold-auto.com/spec/fc_4.html

フレーザークラブマンFC-4
カプチーノのエンジンだよ。

ちなみに、お客の駐車スペースには大阪ナンバーのラグナセカがいました(写真撮り忘れた)。


以上、文句は多かったですが、総合的には及第点位かな~。

2輪その他 | 投稿者 げじ 23:58 | コメント(0)| トラックバック(0)

圓山ラーメン

10数年前から、四日市を23号で通り過ぎるたびに気になっていました。

通る時間が食事後の時間ばかりだったので、立ち寄る機会を逃していたのですが、今回は夜食の時間帯という無理矢理な理由で寄ることにしました。
(お付き合いして頂いた方々、毎回申し訳ありません)

店内は以外に広く、テーブル席もかなりあって家族連れでもOKです。

三人とも「圓山ラーメン」を選択。
京都の料亭で提供されていたという、成り立ちを読みながら待つ事数分。

圓山ラーメン_圓山ラーメン

派手な、お店のロゴが入った丼と皿で提供されてきました。

スープを啜ってまず思ったのは、これが「京都のラーメン」であったと言う事。

「京都の料亭」と言われたら、やっぱりお上品なすっきりとしたものを思い浮かべるし、今回もそういう風に思っていたのですが、全くの思い違いでした。

「京都たかばし系」「横綱」「天下一品」ら京都のラーメンは、濃い口こってりが身上。やはり方向としては同じです。

でも、豚骨醤油のスープはこってりのようで意外にすっきり。油っぽさはあまりありません。これなら大盛りでも軽く平らげることが出来るでしょう。

麺は中細のストレート?で若干柔らか目か。


具はうずらの煮玉子が2つ、、、と思ったら、何か片方は違う。
良く見ると白玉。食感に変化が出て面白いが、美味しいと云うことはない。

メニューを見ると杏仁豆腐と白玉ぜんざいがありました。これと共用しているんだな、と思う一方、入っているのが杏仁豆腐だなくて良かった(んな訳あるか!)とも思いました。


夜中にがっつり食べたいと思っても、案外入らないもの。そういう時には丁度良いかもしれません。次回はしょうゆラーメンに期待します。


≪圓山(まるやま)ラーメン≫
【住 所】 四日市市馳出1047-4
【営業時間】 11:00~5:00 無休
ラーメン | 投稿者 げじ 00:30 | コメント(0)| トラックバック(0)

「怪物696」

近所のドゥカ屋に試乗に行きました。

今回の狙いは、モンスター696

初のフルモデルチェンジを受けたモンスターがどう変わったのか、興味津々です。


跨った限りでは敷居の高さ、というか威圧感は感じられません。
「モンスター」の名前とは裏腹に、どんどんエントリーモデルに位置づけられてきているせいもあるのでしょうが。

ただ、開き気味で遠めのハンドルが、前のモデルよりとっつき難さを匂わせます。
やはりフルロックにすると、自分位の身長では(166㎝)腕が伸びきり気味になります。

軽く空ぶかしすると、迫力といった面には欠けるかもしれませんが、上品、且つそれなりの音量を発生させます。


スタートすると、最初に感じるのが「軽さ」。クラッチを筆頭に操作系も軽いですが、車体の動きが軽いのが判ります。

しなやか、と表現すると良いのか、オフロード車程のヒラリ感は流石にありませんが、低速で左右に振った時に軽さと安定感が同居しています。

まあ、自分の基準がF1ですから、20年も違うとコレくらい進化していても不思議は無いですがねぇ。

エンジンについては、流石に卸したての車両なので回転数は自主規制しましたが、軽いパルスを伴って、スムーズに廻っていきます。

080705_696

気になった点は、。キャスティングのフレームは、触れない程とまでの事はありませんが、かなり熱くなります。
停車すると、お尻の辺りから熱気が上がってくるのが判ります。

確かにこの日は、夏日を観測している位暑い日でしたが、真夏に乗ることは避けたくなりそうです。

あと、個人的にはタコメーターはデジタルよりアナログ的表示の方が良いですねぇ。

それと、やはり遠目のハンドルは、押さえが効かない感があります。もう少し後加重で乗れるポジションの方が良い様な気がしました。



ついでに、乗り逃していた1098にも乗ってきました。

排気量からして、低速トルクが溢れているものと思いスタートしたところ、ストールしそうな位頼りなさげ。
2速でずぼらに低速運転をしようと思ったら、ギクシャクしてしまいます。

エンジンの特性とギヤ比の設定から仕方ないのでしょうが、その分回した時の爽快感(自分では恐怖感かな)は格別です。

ハンドリングとサスのしなやかさは、スーパースポーツモデルという尖がったイメージはなく、モンスター程F1との違いを意識することもなく、乗りやすいのが意外でした。

080705_1098

それと、自分のつま先の位置のクセなのか、Rrブレーキを踏み間違えることが何回もあり、だいぶ怖い目に会いました。

2車ともに言えるのですが、Lツインのクセに、ステップ間の幅が広いと思います。
4気筒に比べれば十分コンパクトなのですが、F1と比較すると非常に違和感を感じました。

しかし、モンスター以上に1098は暑い!ちょっと試乗コースを廻っただけで、凄い発熱量です。
夏に乗ったら死んじゃうよ・・・。


宣伝じゃないですが、この店の試乗コースは距離もあって、混んだ1号線や飛ばせる堤防道路まで多彩な条件で確認できるので、お勧めですよ。

http://www.rosso-okazaki.com/top.html

2輪その他 | 投稿者 げじ 23:50 | コメント(0)| トラックバック(0)

京商「マセラッティ ミニカーコレクション」

サークルKサンクス限定シリーズ第27段!
京商「マセラッティ ミニカーコレクション」の発売です。

「マセラティ」じゃなくて、「マセラッティ」って記述するところが拘ってますね。

http://www.kyosho.com/jpn/products/diecast/brmc/maserati/index.html


先シリーズのフォルクスワーゲンは1つも買わなかったので、ずいぶん久し振りです。

ん?・・・振り返ると第16段の「FIAT&LANCIA」以降買ってませんでした(汗)


狙いは、やはりスーパーブーム世代なので、ギブリ、ボーラ、メラク、カムシンでしょ♪

で、その結果・・・

マセ

ある意味、一番面白みに欠ける「グランスポルト」・・・
(ファンの方すみません!)

しかし、何故にラインナップにビ・トゥルボ系が無いんだろう??

二輪&四輪 玩具 | 投稿者 げじ 23:01 | コメント(0)| トラックバック(0)
<<  2008年 7月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ホビダス[趣味の総合サイト]