ドゥカと27とラーメンと? 主に、ちょっと(?)古いバイクと車の日常的なトラブルと修理に関する日記。ついでに、三河を中心としたラーメン紀行も。

最近の記事
お引越し
05/09 17:04
岡崎の桜まつり「家康…
04/10 23:58
「上杉食品」
04/02 10:05
「らーめん東大 大道…
04/02 03:00
遠乗り前のお約束
03/26 15:42
モーニングツーリング
03/20 22:25
日記
03/13 08:55
「麺の坊 晴レル屋」…
03/04 23:59
車検といえば名鉄?
02/27 21:09
「麺屋OK」麻辣担々…
02/22 23:59
最近のコメント
当ブログへお越し頂い…
げじ 04/24 00:43
霞さん>車検…
げじ 04/24 00:34
昨日、雨の合間を縫っ…
霞 04/20 20:19
あ、アレですか!…
げじ 02/17 23:20
「風呂場」専用ではな…
霞 02/16 23:07
最近のトラックバック
トレッサ横浜にあるパ…
04/11 22:17
王道どまんなか
01/14 01:20
気づけば最大勢力
11/23 02:50
トレッサ横浜にあるパ…
11/23 00:29
トレッサ横浜にあるパ…
11/23 00:28
【お友達Link】

「のり一」ラーメン(中)

鹿児島3杯目は、「のり一」

2杯目を食べた後、宿に帰って色々なパンフレットを漁ってみたところ、繁華街は商店街とは道を隔てた反対側だということに気付き、また部屋を出て散策し発見しました。


23時過ぎだというのに、飲み屋帰りと思われる人達でいっぱいです。

丁度カウンターの一席が空いたのでそこに通され、ラーメン(中)をオーダーしました。


お茶と共にここの店では「たくあん」が提供されてきました。

たくあんをかじりつつ、ラーメンの出てくるの待ちましたが、見ていると自分より後に入ってきたお客に先に提供しています。
因みに自分より先に来ていた人も、抜かされていました・・・・・


結局、結構待たされてラーメンが出てきました。

気分はマイナス方向ですが、ラーメンは美味しい事を期待します。


さて、、、

のり一_ラーメン中

少々濁っていますが、色が薄い為、丼の底まで見えます。

豚骨と鶏と両方なのかな?でも、豚骨塩ラーメンというほどでもなく、鶏塩ラーメンの方に近いかと思います。

色と同様に味も薄めですが、かなり香辛料(胡椒)が効いていて舌がヒリヒリする位です。

脂も少なく、すっきり感が強調されて良い様に感じました。


しかし、薄いスープにトッピングのモヤシの味がかなり移ってしまい、モヤシ塩ラーメン、というべき味になっています。

卓上におろしニンニクがあり、同様に薄味なスープには結構合いそうな感じがしましたが、次の日の用事を考えて入れるのを止めました。


今時、なかなか400円でラーメンが食べれる店も少なくなりました。

低コストだというのに、これだけの個性を出せて、且つ一般受けする味を作り続けるのは、大変でしょうね。


≪ のり一 ≫
【住  所】 鹿児島県鹿児島市山之口町9-3
【営業時間】 11:00 ~ 03:00
  
ラーメン | 投稿者 げじ 23:59 | コメント(0) | トラックバック(0)

「えびしおラーメン 風」えび塩らーめん

天文館の商店街は21時にほとんどの店が閉店してしまい、「こむらさき」を出た時にはお目当ての店も閉まっていました。


仕方無く、開いている店を探してさ迷い歩いて、商店街の外れで発見したのが「えびしおラーメン 風」


基本的に海老は苦手なんですが、背に腹は換えられません。思い切って暖簾をくぐってみました。

ここまで来たら、看板メニューである「えび塩」にチャレンジです。

えびしおラーメン風_えび塩


最初の2、3口はやはり海老の臭いと味がキツく感じました。
が、食べ進むうちに、海老臭さは薄れ、海老風味といった塩梅に感じるようになりました。

この店では大根の漬物は容器に入れられ卓上に置かれていました。

コレと水で口をシメて、リトライしても印象は変わりません。

濃すぎず薄すぎず、塩の加減も程よく、飲み干せてしまいそうです。


麺は固めで頼んだのですがコレは失敗で、ボソボソとした感じが残ってしまいました。

スープに合わせると、プリプリっとした状態で頂くのが正解でした。


海老は苦手だ、と言っておきながらまた誉めますが、プリプリの海老ワンタンは非常に美味しく頂けました。

主役の座を奪われたチャーシューは少々味濃いめ。
トッピングの白ネギのシャキシャキ感がアクセントになります。


先客がいなかったのも加えて、入店には躊躇しましたが、なかなかハイレベルなラーメンでした♪



≪ えびしおラーメン 風 ≫
【住  所】 鹿児島県鹿児島市東千石町7-4
【営業時間】 10:00 ~ 03:00 無休
  
ラーメン | 投稿者 げじ 23:58 | コメント(0) | トラックバック(0)

「こむらさき」チャーシュー麺

急な出張で鹿児島に行く事になりました。


宿を探してもらったところ、天文館という繁華街のど真ん中。

ラーメンを食べなさいという、神のお告げとしか思えません。


しかし、あまりに急過ぎたので下調べがほとんどできないまま(有名店の名前と大体の位置をインプットした程度)現地入りしました。


ある店を目当てに商店街をさ迷っていたところ、超有名な「こむらさき」を発見しました。

「ほぅ、ここがこむらさきか~」と覗き込んだ時、丁度店を閉めようと出てきたお兄ちゃんとバッチリ目があってしまい、「大丈夫ですよ~」と言われてしまったので、不本意ながら入る事にしました。


他店で食べる気満々でしたので軽くしようと思いましたが、これも何かの縁かと思い直して、定番商品のチャーシュー麺をオーダーしました。


席に着くと、お冷やと一緒に提供されて来たのは大根の漬物。

以前、鹿児島の人に鹿児島のラーメン屋では大根の漬物で舌をシメながらラーメンを頂くと聞いていたのを思い出しました。



さて、メインディッシュのラーメンです。

こむらさき_チャーシュー

九州のラーメンだからと先入観があったのですが、豚骨100%ではないんですね。

実にあっさりとしながら、豚骨の風味を消さずに鶏と椎茸の風味が引き立てる感じ。

最近巾を効かせている豚骨×魚介のダブルスープでは、お互いが競り合って主張して来ますが、全く逆に互いにバックアップして引き立てるといった感じがしました。

ほんのり甘めで脂分は少なくあっさりしているので結構スルッと食べれてしまいます。


麺は丸断面の中細ストレート。かなり色白です。

コシはさほどではないですが、弱くもなく、ズルズルと吸うとスープを絡めながら上がって来ます。


トッピングの千切りキャベツと椎茸が食感に変化を与えてくれ、結構なボリュームだというのに、つい次から次へと口に運んでしまいます。

一口サイズのチャーシューは程よい噛み応えで、肉の味が染み出てきます。


ちょっと値段設定が高めですが、店もラーメンも気取った感じではなく、好印象でした。


≪ こむらさき ≫
【住  所】 鹿児島県鹿児島市東千石町11-19
【営業時間】 11:00 ~ 21:00
【H P】 http://www.kagoshimakomurasaki.com/

ラーメン | 投稿者 げじ 23:57 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<  2009年 8月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ホビダス[趣味の総合サイト]