ドゥカと27とラーメンと? 主に、ちょっと(?)古いバイクと車の日常的なトラブルと修理に関する日記。ついでに、三河を中心としたラーメン紀行も。

最近の記事
お引越し
05/09 17:04
岡崎の桜まつり「家康…
04/10 23:58
「上杉食品」
04/02 10:05
「らーめん東大 大道…
04/02 03:00
遠乗り前のお約束
03/26 15:42
モーニングツーリング
03/20 22:25
日記
03/13 08:55
「麺の坊 晴レル屋」…
03/04 23:59
車検といえば名鉄?
02/27 21:09
「麺屋OK」麻辣担々…
02/22 23:59
最近のコメント
当ブログへお越し頂い…
げじ 04/24 00:43
霞さん>車検…
げじ 04/24 00:34
昨日、雨の合間を縫っ…
霞 04/20 20:19
あ、アレですか!…
げじ 02/17 23:20
「風呂場」専用ではな…
霞 02/16 23:07
最近のトラックバック
トレッサ横浜にあるパ…
04/11 22:17
王道どまんなか
01/14 01:20
気づけば最大勢力
11/23 02:50
トレッサ横浜にあるパ…
11/23 00:29
トレッサ横浜にあるパ…
11/23 00:28
【お友達Link】

試乗会♪

地元のバイク屋の協賛で、コアラドライブ(安城自動車学校)で大試乗会が開催されました。
<参照>
http://www.motohouse.co.jp/framepage1.htm

厄年会の準備があって出遅れたので14時過ぎに会場に着きました。
15時までの受付だったのでどうなるかと思いましたが、逆に空いてきており、人気車にもあまり待たされること無く乗ることが出来てラッキー♪

本日の狙いは、DUCATI ハイパーモタード。他にはあまり惹かれる車種もかったので、1メーカー1車で選んで乗ってみました。(ちなみに1人5回しか試乗出来ません)

そういうことで、まずはドゥカのブースへ行きましたが、案の定1098とハイパーモタードは長蛇の列。予約だけして、他を物色しに行きました。

そこそこ空いていたので、まずはカワサキから。
カワサキは選択肢が多かったのですが、Z1000とZZR1400を諦めて、今時のパラレルツインってどんな感じか興味があったので色物のER-6N。顔はちょっと趣味じゃないですけどね。
跨った時の威圧感もなく、なんとなく250位の気軽さで走り出せました。
エンジンはパルス感もなかなかあり、且つスムーズに廻っていきます。
ギヤ比も教習所の狭いコースに合っており、非常に好感が持てました。

ER-6N


ER-6に乗ってドゥカティブースに戻ると、丁度自分の番でした。
乗るのは当然初めてで、見るのも初めて。しかし、雑誌等で見すぎたせいか、ファーストコンタクトでの感動が薄かったなぁ。
足付き性はそんなに悪くなく、身長165cm・体重60㎏でも「つんつん」にはなりません。昔の2st250ccのOFF車に比べたら全くイージーでした。
エンジンについては音・フィーリング共に、やはりドゥカのLツイン。時代が変わっても本筋は変わりませんねぇ。
ブレーキの効きがカチっとしているのですが、どうにもピッチングがイメージと合わなくて、チグハグな乗り方になってしまいました。
多分、もっとハイアベレージな走りに合わせてあるのでしょう。
しかし、新しい車はセル一発でエンジンが掛かるし、アイドリングはするし、クラッチもルーズにつないでOKだし。羨ましい・・・・


次は、BMW。テレレバーのR1200にしたかったのですが、これも結構人気で混んでいたので、マイナーなところでF800S。
エンジンはスルスルと回り、サスも堅め。ハンドリングにも癖は無く、何処を走ってもマジで速そう。
ホンダのバイクの様に、乗りやすい=速い という印象を受けました。
2気筒らしいパルス感がER-6に比べ少ないのが、ちょっと残念。

F800S


ヤマハは他に良い車両が無かったので(失礼!)、XJRをチョイス。実際購入するとすれば現実味のある車両だし、丁度乗ったこと無かったし。
まずは跨ってサイドスタンドを外すのに車両を起こしてみると、お、重い・・・。久々のリッターマルチはなかなか手強そうです。
でも、有り余る低速トルクで極低回転からでもスルスル発進します。
しかし、次に変速しようと思ったら靴の裏に違和感が。サイドスタンドの突起がちょうどシフトペダルとステップの間の微妙な位置にありました。ちょっと足の位置を変えたら問題はなくなったんですけど、なんでかな?
やはりあの空冷独特のエンジンフィーリング、ゴリゴリ回って行く感じがたまりませんね。
それと、重すぎず軽すぎずのしっとりとしたハンドリング。腰で乗っている感じがやっぱり良いです。


スズキはGSRと迷って、旧型になってしまったハヤブサを。結構旧型の割りに人気がありました。旧型って乗りたくても案外試乗できないですからねぇ。
先程XJR同様、車体を起こすのに「よいしょ!」と掛け声を掛けてしまいそう。
低速トルクが有り余っている感じも同じ。でも、もしエンストしたら・・・とビビりが入って、ちょっと開け気味で発進。
300キロオーバーが可能な割には、サスは予想していたほど硬くは感じませんでした。
噂通り極低速域でも結構クルりと向きを変えます。その際アクセルON・OFFはかなりギクシャクするので、低速トルクにお任せで1つ2つ上のギヤで丁度良い位でした。
サンタモニカの方が圧倒的に軽いけど、それ以上に低速トルクが無い(アイドリングも無いけど)のでよっぽどか気を使いますね。


他はトライアンフに乗りたかったのですが、お目当ての3気筒は試乗できなかったので見送りました。
KTMとアプリリアも、先回にモタード中心に乗ったので今回はパス。

しかし、今になって気付いたのですが、今回乗った車両は全てインジェクション?
低速での調教が上手くなされているのでしょうね。全く気にならずに乗っていました。
キャブに拘っていたけど、見方を変えないといけないですね。

2輪その他 | 投稿者 げじ 23:59 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2007年 10月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ホビダス[趣味の総合サイト]